敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

「敷板net」は重い敷鉄板(敷き鉄板)よりも軽くて運搬・施工が簡単な樹脂敷板(プラスチック敷板)の専門の販売店です。

敷板業界の大革命!!
 

樹脂敷板(プラスチック敷板)のご利用上の注意事項


ウッドプラスチック製敷板Wボード及びディバンは、軽度の仮設、養生用を目的とした、樹脂敷板(プラスチック敷板)です。敷鉄板(敷き鉄板)とは異なります。
樹脂の特性上土地になじみ易いように作られておりますが、敷鉄板(敷き鉄板)のような強度はありません。
安全にお使い頂くために以下の項目のご使用はご遠慮いただいております。
敷鉄板(敷き鉄板)との性質の違いをご理解頂いた上で、ご使用ください。

危険!事故防止のため下記のご利用は禁止としています!

ご利用上の注意事項イメージ

他にもこんな場合もありますので、ご注意ください!

  • 強風や突風が吹く環境では、板が飛ぶ可能性があります。板が飛ばないように、アンカーやWボード連結固定金具(Unico型)Wボード連結固定金具(プレート型)で固定してください。
    ※枚数が少ない場合はアンカーでの固定をオススメします。
  • 耐荷重は使用方法・土地の硬さによって異なります。
  • ずれ防止のため、アンカー等で土地に固定するか、固定できない場合はWボード連結固定金具または、トラロープ・結束バンドなどで敷板同士を結束してください。
  • 樹脂敷板(プラスチック敷板)は気温変化で伸縮します。
    冬に設置しますと、夏には1兪宛綽びる可能性があります。敷板同士をピッタリに設置しますと、敷板に逃げ場がなく盛り上がってしまいます。
    夏に設置しますと、冬には縮みますので、隙間が広くなります。
  • ご利用の場合は、季節温度を考えて隙間を開けて設置がおすすめです。
    アンカーで固定する場合は、双方を止めるのではなく、片方を止めて遊びを設けるのがおすすめです。

製品についての詳しいご説明のご希望、ご意見・ご要望につきましては、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ページトップへ