敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

「敷板net」は重い敷鉄板(敷き鉄板)よりも軽くて運搬・施工が簡単な樹脂敷板(プラスチック敷板)の専門の販売店です。

敷板業界の大革命!!

お客様導入事例

土木関係の事例
農業関係の事例
イベント関係の事例

営業カレンダー

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
定休日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日

SNS随時更新中!

Facebookページ

ブックマーク

ぜひ、敷板ネットのWebサイトをブックマーク(お気に入り登録)してください。

 

トップ > 事例集一覧 > 工事向け事例集 > 用水路工事に−騒音緩和

用水路工事に−騒音緩和

用水路工事に−騒音緩和

使用商品はWボード48
Wボード48

用水路工事での近隣の騒音対策に!柔らかい田んぼの土でも走行できる樹脂敷板Wボードを利用

工事現場の「用水路工事」でご利用いただきました。

こちらの田んぼは隣りには住宅、となりは田んぼが広がっている土地で、平地が広がっています。工事機械音も平地なので遠くまで聞こえます。環境省で定められている騒音は、85デジベルを越えると問題になります。

騒音で迷惑がる住民イメージ

今回のお客様は「敷き鉄板だと騒音が緩和できない、樹脂敷板は騒音緩和できるか?工事に利用できないか」とお問い合わせ頂きました。

今回は「Wボード48」を120枚レンタルして頂きました。

鉄板だとバックホーが通るたびにガチガチと音がなってしまいますが、樹脂敷板を使うことで音が少し小さくなります。

ご近所のクレームもなくスムーズに作業ができたと、大変よろこばれました。
樹脂敷板を利用する際は田んぼの土壌をどけてからの作業が必要となりますが、土壌をよけることで、田んぼに使われる土が痛むことがありません。
敷き鉄板だとそのまま置いて作業できますが、次の年の田植えの際に土が傷んでしまっている場合もあるそうです。

用水路工事も生活に大切な工事。また次田んぼを使われる方の事も考えて工事をすることも、とても大切なことですね。

ご利用商品はこちら

Wボード48
使用商品はWボード48

製品についての詳しいご説明のご希望、ご意見・ご要望につきましては、お気軽にお問い合わせください。

そのほかの事例はこちらをクリック!

ページトップへ

鳥取県米子市角盤町1丁目27-6アルファビル3F
E-Mail:sikiita@doubleknot.co.jp
URL:www.shikiita.net
販売代理店:株式会社ダブルノット

  • 受付時間 10:00-16:00 土日祝日は除く 0859-36-8012 販売代理店ダブルノットにつながります
  • お問い合せはお気軽に